日本フォトセラピー協会(JaPTA)の事務局からのお知らせブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■写真展■ 『ジャワの風 2』

JaPTA熊谷氏からのお知らせです。



只今、毎年恒例の誕生日月に開催している写真展を、
 ギャラリーバー26日の月(高田馬場栄通り)
にて開催しています。

熊谷正写真展「ジャワの風 2」2月17日~28 日 18:00~5:00
http://www2.ttcn.ne.jp/~moon26/

アナログレコードから流れるジャズを聞きながら、グラスを傾けて、
ジャワの風を感じて頂ければ幸いです。

26日、27日、28日の19:00頃から、在店して いますので、
お時間のある方は、是非お越し下さい。
いらっしゃる時には、ご一報下さい。
お待ちしています。             (熊谷)





JaPTA事務局です  「作者と語り合うこと」 を味わってみませんか?

 写真展で作者と話せる機会を持つことはなかなかありません。
 作者がその場にいても、声をかけるタイミングをつかむのが
 難しかったりもします。
 しかし、作者本人と話すことは、作品の意図を聞けますし、
 また作者本人が見た方の感想や意見を直接聞けるいい機会です。


 「ギャラリーバー」という場所も、お酒を飲みながら写真談義する
 格好の場所です。
 今まで、写真展を見ても作者に声をかけたことがなかった方は、
 これを機会に「作者と語らう楽しみ」を味わってみてははいかがでしょうか?

 ★JaPTA熊谷氏はとても気さくな方で、作品だけでなく写真にまつわる
  いろいろなお話をしてくださると思います。 
  (はじめての方は「JaPTAのブログで見ました」とお声掛けください。)




スポンサーサイト

■写真展■ 『土門拳の昭和』

JaPTAヤマノさんからの情報です

『生誕100年記念写真展 土門拳の昭和』

2月24日から3月8日まで、日本橋三越本店で
生誕100年記念写真展 [ 土門拳の昭和 ]が開催されています。
フォトセラピーとは直接的なつながりはないかもしれませんが、
写真の持つ価値や記録されたものが持つ意味を考えるのには
良い機会と思います。
興味のある方は、ぜひどうぞ。
http://www.crevis.jp/event/domon01.shtml



JaPTA事務局です。

 近くなので初日に見に行ってきました。昭和に生きた人の生き生きとした表情や、自分の身長よりも大きいサイズの仏像の尊顔が圧巻でした。 また、各界の著名人のポートレート(風貌)も多く展示されていて、時代を築いた人物像を見ることができます。 また「風貌」シリーズはヴィンテージプリントですので、オリジナルの写真に触れるいい機会でもあります。

★お得情報1  三越カードをお持ちの方は入場無料になります。
★お得情報2  2月28日(土) 長倉洋海氏、 3月1日(日)三好和義氏
           各日1時~、3時~、 ギャラリートーク  会場内にて

21日(土) 企画検討会のお知らせ

JaPTA事務局です。

明日21日(土)に 企画検討会を実施します。
  テーマ1) ピクチャルエデュケーション
  テーマ2) 記録撮影ノウハウ形式知化PJ

詳細は「会員向けメール」に記載していますので、各自確認をお願いいたします。

予定では13:00~18:00としていますが、おそら21時ころまでは在所していますので、もし遅い時間なら来られるという方、事務局までお知らせください。

『フォトフォトな日々』 ご紹介

JaPTA事務局です。 

フォトセラピーを実践しているブログ 『フォトフォトな日々』 のご紹介です。

ブログのハンドルネーム はそのものズバリ 「phototherapy」さん。

各記事には写真が一枚と短文。  (ご本人は、長文を目指しているそうです)

 写真から連想して広がっていく内容の文章だったり、
 文章に書かれている内容を象徴するような写真だったり、
 写真と文章が補完し合うような記事だったり、
 全く関係がなさそうで実はつながっていたり、
 写真と文章のいろいろな関係が楽しめるブログです。


クスリと笑ってしまうような写真や眺めるだけでジーンとくるような写真・・・
ブログ主ご本人にとってもフォトセラピーなのでしょうが、見ている私たちにもフォトセラピーになるブログではないでしょうか。

ぜひお立ち寄りください。


≫『フォトフォトな日々』

≫日本フォトセラピー協会

心と心をつなぐフォトコミュニケーション

JaPTA事務局です。

JaPTA会員の写真家高橋まゆみさんがブログを開設しました。
以前からHPを運営されていましたが、新たにブログによって日々の写真の現場でのハートフルなフォトコミュニケーションの様子がみられます! 楽しみですね!

~心と心をつなぐフォトコミュニケーション~
   『 heart to heart 』  
 

以前お知らせしました、『あざみ野アートフォーラムにてのワーク』 の報告も掲載されています。 ワークショップやセミナーを計画・予定されている方は、ぜひ参考になさってください。


日本フォトセラピー協会

写真でしりとり  『ヴォイス~命なき者の声』

JaPTAナカニシです。 

昨日のフジテレビ月9ドラマ 『ヴォイス~命なき者の声』、ご覧になりました?
法医学研究室に通う学生のドラマなのですが、今回、そこに運び込まれたのが某カメラマンの遺体。ゴシップカメラマンということで、所持品には撮影機材と小さな折りたたみイス。鶏小屋の前で倒れていたカメラマンの死因はエコノミークラス症候群。 さて、その死にまつわるエピソードとは??? というストーリーでした。 ミステリーではなく、ヒューマンドラマです。

その中で描かれていたのが、遺品となった写真。 ゴシップカメラマンが撮るようなものではなく、「ルービックキューブ」とか「めんつゆ」とか「パンダのぬいぐるみ」とか。不思議に思った学生たちは、その謎を解き明かそうとする。

それは・・・。
離婚して別れた奥さんが引き取っている男の子(5歳くらいかな?)との、しりとりのためのものでした。 毎日会えない息子とママには内緒で写真しりとりをしていたというのです。最後に会ったときに「大きくなったらパパみたいなカメラマンになりたい」という息子にも、息子のためにフィルムカメラで写真を撮りそれをスキャナで撮り込みケータイに送ってあげるパパの姿にも、胸が熱くなりました。

「空」⇒「ラッパ」⇒「パンダ」・・・ という風にしりとりになるように写真を撮ってはメールで送り合う。そして最後に 「夕日」⇒「ひよこ」とするために、鶏小屋にいき、倒れてしまう。(政治家のスクープを狙うために長時間山奥でカメラを構えていたために血栓ができ、それがもとで倒れてしまった場所がその鶏小屋だった、というわけ)

ドラマの筋とはちょっと外れますが、その「写真でしりとり」というのが素敵です。 男の子に主人公が「パパから素敵なプレゼントをもらったね」と声をかけているのが泣けてきました。

離れている親子にとってかけがえのない絆となったのが「写真」です。 これも一つのフォトセラピ―ですよね!  離れてなくても家族や恋人や友達同士で「写真しりとり」するのは楽しいと思います。

皆さんもいかがですか?

※皆さんの日常生活の中にある「これってフォトセラピーだよね!」というエピソードがありましたら、JaPTAまでお知らせください。

≫日本フォトセラピー協会

週末はバレンタインデー お勧めチョコ その1

JaPTA事務局です。

今週末はバレンタインデーですね。
スーパー・コンビニで買えるチョコレートから、ショコラティエの高級チョコ、またデパ地下でキャンペーンされるような限定チョコ、または手作りチョコ・・・と、いろんな種類があります。女性の皆さんは毎年頭を悩ませつつも、一年に一度の恋のお祭りに心ときめかせているのでは?

さて、JaPTAからのお勧めのチョコをご紹介。

それは・・・チロルチョコ。

最近ではチロルチョコのパッケージを好きな写真やイラストに指定して、オリジナルのチロルチョコを作るサービスがあります。

   オリジナルチロルチョコを作ろう → DECOチョコ 


 45個入り で 2362円 

自分の顔写真入りでもいいですし、腕自慢のカメラマンなら一番お気に入りの作品をパッケージにして、名刺代わりに配るのも素敵です。

バレンタインデーに使うなら、恋人同士のツーショットの写真を使ってみると、思い出にもなるし、一粒食べるたびに二人の間で盛り上がること間違いなしです。  

ケータイで撮った写真をケータイから申し込むことも可能だそうです。 チョコを使って気軽に楽しくフォトコミュニケーションを楽しんでみてください。

残念ながら、今から申し込んでバレンタインデーには間に合いませんが、男性陣はホワイトデーのお返しに、用意してみるのもいいかも?




日本フォトセラピー協会




『フォトケア』 セミナー ご報告

JaPTA事務局です。

先日お知らせしたフォトケアセミナーの報告です。 前回の記事→ コチラ 
  【フォトケア~ケアと写真の融合とその活用術】
  場所:鹿児島市西部保健センター
  対象:西部保健センター勤務の保健師
  日時:2月6日14時~16時

講師の森惠さんが所属しています「鹿児島かりん会」のブログに
掲載されていますので、ご覧ください。
  ★鹿児島かりん会 【フォトケア報告】

大変好評で、保健師の皆さんも、現場で写真を活用することの可能性を実感されたようです。保健師を目指す学生さんたちも参加されたとのことです。


看護や介護の現場での写真を使ったコミュニケーション・メソッド【フォトケア】についてのお問合せや、【フォトケア】セミナー、ワークショップなどのご要望は、日本フォトセラピー協会までご連絡ください。

日本フォトセラピー協会(JaPTA)  ※連絡先はHPに記載しています

梅まつりに出かけませんか

JaPTA事務局です。

今日から、東京日野市にある「京王百草園」で梅まつりが始まります。

お茶会、短歌会、演奏会、お香を聞く会など、さまざまな催し物があります。百草園は梅の名所として有名で、一年の中で最も楽しめるのが、この梅の季節です。園までの道のり、坂が少々きついので、歩きやすい靴をお履きになることをお勧めします。

この季節、関東では空気が澄み青空が高く広がっています。その青をバックに紅や白の梅を撮影してみるのも楽しいです。足元には可憐な福寿草も芽吹いています。丘陵地帯にある百草園は、園内も坂道や階段が沢山あり、さまざまなアングルで花々をめでることができ、さらに梅の香を楽しむ笑顔も見ることができ、シャッターチャンスも増えるのではないでしょうか? 

ぜひ、お出かけ下さい。

他にも梅の名所はたくさんあります。 素敵な撮影スポットがありましたら、ぜひコメントお寄せ下さい。


日本フォトセラピー協会


2月7日 事務局 会合

JaPTA事務局です。

明日2月7日(土) 12:00~18:00、業務ミーティングを行います。
書類整理等の作業が中心となります。
事務局メンバーには直接メールにてご連絡します。

事務局メンバー以外の方の訪問も歓迎しています。
お近くにいらっしゃっるようでしたらぜひお立ち寄りください。


≫ 日本フォトセラピ―協会




ホスピスの患者の最期を記録する写真家

JaPTA事務局です。

テレビドラマのご紹介です。


 現在、NHKBS2 で放映中の 「ER13」 のエピソードです。
  第18話 「写真と思い出」 Photographs and Memories
  2月9日(月) 23:10~
 予告動画は こちらへ → NHK海外ドラマ ER13  

予告によると…、
病院に搬送されてきた末期ガン患者に女性写真家が付き添ってきて、患者の写真を撮り続ける。彼女はポスピスの患者の最期を記録する写真家と名乗り、自分も卵巣ガンで自身の写真も撮っている・・・。

あくまでもTVドラマの話ですが、写真を通して死と向き合う写真家の姿を、人気ドラマ「ER」が、どのように描いているのか興味深いです。


皆さまぜひご覧ください。
またご覧になった方は、感想・ご意見などぜひコメントを寄せ下さい。

イベント情報 『みんなで「みんなの美術館」を考えよう!』

JaPTA事務局です。

JaPTA会員の高橋まゆみさんがサポーターをされているイベントです。


【みんなで<みんなの美術館>を考えよう!】
 インクルーシブデザインという手法をもちいたワークショップだそうです。
 「みんな」にとって本当に行きたくなる美術館・ギャラリーってどういうところ?
 ということを、参加者が体験しながら考えます。

  日時: 2009年2月8日(日)10:30~17:30(昼休憩あり)
  場所: アートフォーラムあざみ野 交流ラウンジ、展示室
  費用: 無料
  詳細: コチラ
  ※まだ、参加者募ってますので、興味ある方はぜひ!!

【横浜市写真 カメラ所蔵コレクション+企画展 あざみ野写真 EXPO 視覚の冒険】
 上記ワークショップ会場で、現在開催中の展示です

  期間:2009年1月30日(金)~2月14日(土)10:00~18:00
  場所:横浜市民ギャラリーあざみ野 [展示室1・2]
  入場:無料


 お問合せ・詳細は  横浜市民ギャラリーあざみ野
 045-910-5656   http://www.yaf.or.jp/azamino/



参加される方でレビューを書いていただける方は、事務局までお知らせください。
このブログで掲載いたします。


日本フォトセラピー協会(JaPTA)


JaPTA豆拾い会 & 茶話会 報告

JaPTA事務局です。

本日、JaPTA事務所のご近所、水天宮での豆まきに参加してきました。
かわいい幼児や、ママに抱っこされている赤ちゃんが、舞台から豆をまいてくれました。ちなみに横断幕に書かれているのは「振り込め詐欺撲滅豆まき」です。みなさま振り込め詐欺には注意しましょう。

法被姿がキュートです。

水天宮豆まき1

水天宮豆まき2

このあと、15:00からは年男・年女による、豆まきがあり、こちらは豆袋の中の色紙によって景品が当たるという、福々しいものでした。

事務所では、拾った豆で、茶話会スタート。
人形町の老舗菓子店の「寿堂」の『福は内』 (白:袖振大豆/黒:丹波黒大豆)とともに、玉露をいれて一服。 

茶話会3
茶話会2
茶話会1
/撮影 (C)高橋まゆみ


茶話会では、協会員向けのセミナー企画と、4月以降のイベントについて企画の打ち合わせをしました。 詳細については会員向けメールでお知らせいたします。

『フォトケア』 セミナー&学会発表のお知らせ

JaPTA事務局です。

写真とケアを結びつけた「フォトケア」を提唱、精力的に実践している
森 惠さん(もり めぐみ:鹿児島かりん会)の セミナーのお知らせです。


 【フォトケア~ケアと写真の融合とその活用術】
  場所:鹿児島市西部保健センター
  対象:西部保健センター勤務の保健師
  日時:2月6日14時~16時

    森さんが実践している「フォトケア」を、現場で活躍している保健師の皆さんに
    提案するセミナーです。 保健センターからの要請で実現されました。
    「フォトケア」事業への期待の大きさが感じられます。


 【写真で広げる在宅ケア・コミュニケーション】  
  学会名:全国在宅医学学会
  場所:鹿児島県民交流センター
  日時:3月1日(日曜日)
  内容:ポスターセッション10分間

    全国在宅医学学会で、ポスターセッションを行います。
    在宅医療の現場で、写真の可能性を大きく訴えるチャンスです。
    ※こちらは、「鹿児島かりん会」としての発表になります)

★森さんは「かりん会」のHPも準備中です。 開設されましたら 
  JaPTA事務局ブログでお知らせします



2月3日 節分 【JaPTA豆拾い会】

JaPTA事務局です。

2月3日(火)は節分です。  事務所の近所の水天宮でも節分祭がおこなわれます。 平日の昼間になりますが、有志で豆まきに参加、豆(運)を拾う会を計画しています。 【JaPTA豆拾い会】

  13:30~ 子供豆まき:幼児が水天宮の法被をきて豆まき。
         とても愛らしい姿で、シャッターチャンスです!
  15:00~ 年男・年女豆まき:裃姿の男女が勢いよく豆まき。
         縁起ものですので、年の数分は拾いましょう!

【JaPTA豆拾い会】参加希望の方は、豆まき会当日の朝10:00までに、事務局までメールでお知らせください。お電話は9:30以降にお願いします。
豆まきの時間帯以外は、事務所内で茶話会となります。 またご希望に応じて、水天宮・人形町近辺でのお勧めランチスポット&観光スポットのご案内をいたします。


プロフィール

JaPTA事務局

Author:JaPTA事務局
日本フォトセラピー協会(JaPTA)の事務局です。会員向け業務連絡を中心に、日々の業務の様子やイベント情報、プチセラピーネタをご紹介。 事務局員A子が中心に記事を書いています。
JaPTAへの質問などもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。