日本フォトセラピー協会(JaPTA)の事務局からのお知らせブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Rの法則』 「携帯のメモリー」  風景写真が第1位の理由

 こんにちは、事務局員A子です♪

3月30日の 『Rの法則』ご覧になりました? 女子中高生のケータイ写真事情がよくわかる内容だったと思います。

写真付きでメールを送ることの意味や、自分撮りの写真を持ち歩くことなどの意味などは、日頃から北村理事長が各所でお話されていることですね! 今回の番組内容にも反映されていたように思いました!
JaPTA会員の中には、ケータイ写真でのコミュニケーションについて研究されている方や「自分撮り」をテーマに活動されている方もいらっしゃいます。今回の番組で女子中高生の実態を垣間見ることができ、これまでの活動の裏付けにもなりましたし、今後活動の参考になったのではと思います。 

あと、女子中高生がケータイで写真を撮る被写体として№1が 「風景」というランキングがありましたね!

実は、この「風景を撮る」というのには意味があって、特に思春期の女の子に多い被写体でもあります。それはなぜか…。 このお話は次回フォトセラピーガイダンスにて北村理事長からお話する予定です!
(※ある条件のもとに自由に撮影した場合の分析です)
年代の特性もありますしケータイを使うことにも理由がありますが、それもまた別のお話ということで。


フォトセラピーガイダンス2011 4月 実施予定日 
※詳細は日本フォトセラピー協会HPでお知らせします。
  4月7日(土)10日(火) 4月11日(水)4月14日(土)



ところで、番組内で登場した「専門家にきいてみよう~」ですが、北村理事長ではなく別の方が登場されていました。
JaPTAにメールのお問合せを頂いたあと、理事長に2時間ほどの電話取材もあり色々なお話を(自分撮りのお話やそれを持ち歩くことの意味なども)ご紹介していたのですが、直接あって取材する段でどうしても理事長のスケジュールに合わせることができずお断り。 そのあと別の方を急きょ探されたそうです。

あれ? と思った方もいらっしゃるかもしれませんのでご説明まで(*^_^*)



/A子@JaPTA事務局


≫日本フォトセラピー協会 
スポンサーサイト

『Rの法則』 ケータイ写真 3月30日 18:55~

JaPTA事務局です

NHK教育で 女子中高生を対象とした『Rの法則』という番組がスタートします。
3月30日は、「ケータイ写真」がテーマです。

番組制作スタッフの方より、JaPTAにも電話取材がありました。
お話させていただいた内容が反映されるかどうかは分かりませんが、女子中高生がケータイ写真をどのように使っているか実態が分かる番組内容だと思いますので、フォトセラピーの観点で色々と参考になると思います。

お時間があればぜひご覧ください。

3月30日 18:55~ NHK教育 『Rの法則

再放送は 土曜日10:30~です



日本フォトセラピー協会 JaPTA事務局

イベント情報 「写真セラピー」

こんにちは! JaPTA事務局です。

写真やセラピーに関するイベント情報です!

写真セラピー:闘病の子ら、命の輝き 東京ミッドタウンで作品展示
(毎日新聞朝刊 8月20日付記事より。)
富士フイルムが主催する「“PHOTO IS”10000人の写真展2010」です。

こちらは、当協会とは別団体の活動です。
「フォトセラピー」という名前ではなくて「写真セラピー」という名前で、闘病中の子供たちに写真を撮らせるというもの(毎日新聞記事より)。 【フォトセラピー】の活動にとても参考になると思いますので、興味ある方は見に行かれるといいと思います!




★日本フォトセラピー協会(JaPTA)で提唱している【フォトセラピー】は「写真や撮影で元気に!」という広い定義のもので、対象は療養者だけではありません。
療養者やその家族を対象にした「フォトケア」、子どもの教育や人材育成に写真を使う「ピクチャルエデュケーション」、子育てのヒントを得たり家族の絆を深める「フォトサプリ」、自己啓発や芸術療法としての「アート(フォト)セラピー」、臨床心理療法として使う「フォトカウンセリング」など、多岐にわたる活動をしています。


お問合せは コチラ⇒「お問合せフォーム

≫日本フォトセラピー協会


■写真展■ 『土門拳の昭和』

JaPTAヤマノさんからの情報です

『生誕100年記念写真展 土門拳の昭和』

2月24日から3月8日まで、日本橋三越本店で
生誕100年記念写真展 [ 土門拳の昭和 ]が開催されています。
フォトセラピーとは直接的なつながりはないかもしれませんが、
写真の持つ価値や記録されたものが持つ意味を考えるのには
良い機会と思います。
興味のある方は、ぜひどうぞ。
http://www.crevis.jp/event/domon01.shtml



JaPTA事務局です。

 近くなので初日に見に行ってきました。昭和に生きた人の生き生きとした表情や、自分の身長よりも大きいサイズの仏像の尊顔が圧巻でした。 また、各界の著名人のポートレート(風貌)も多く展示されていて、時代を築いた人物像を見ることができます。 また「風貌」シリーズはヴィンテージプリントですので、オリジナルの写真に触れるいい機会でもあります。

★お得情報1  三越カードをお持ちの方は入場無料になります。
★お得情報2  2月28日(土) 長倉洋海氏、 3月1日(日)三好和義氏
           各日1時~、3時~、 ギャラリートーク  会場内にて

ホスピスの患者の最期を記録する写真家

JaPTA事務局です。

テレビドラマのご紹介です。


 現在、NHKBS2 で放映中の 「ER13」 のエピソードです。
  第18話 「写真と思い出」 Photographs and Memories
  2月9日(月) 23:10~
 予告動画は こちらへ → NHK海外ドラマ ER13  

予告によると…、
病院に搬送されてきた末期ガン患者に女性写真家が付き添ってきて、患者の写真を撮り続ける。彼女はポスピスの患者の最期を記録する写真家と名乗り、自分も卵巣ガンで自身の写真も撮っている・・・。

あくまでもTVドラマの話ですが、写真を通して死と向き合う写真家の姿を、人気ドラマ「ER」が、どのように描いているのか興味深いです。


皆さまぜひご覧ください。
またご覧になった方は、感想・ご意見などぜひコメントを寄せ下さい。
プロフィール

JaPTA事務局

Author:JaPTA事務局
日本フォトセラピー協会(JaPTA)の事務局です。会員向け業務連絡を中心に、日々の業務の様子やイベント情報、プチセラピーネタをご紹介。 事務局員A子が中心に記事を書いています。
JaPTAへの質問などもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。